注文住宅でお好みの家を|自由に家造りをしたいなら

間取り図

伝統を引き継ぐ大事な役目

男性

日本の伝統建築を後世へ

宮大工は神宮や仏閣などの日本の伝統建築を担当する大工です。宮大工の需要は神社や仏閣の建築オーダーが変化しつつある中で減少しています。これはコストの面などが影響しているためで、一つ一つ手作りする宮大工を必要とする建築技法は高くなるからです。そのため新築で建設される神社や仏閣においても近代的な工法を用いることが多くなっています。しかし日本の伝統建築を守り後世に引き継ぐためには宮大工の存在は絶対的に重要です。すでに観光地にもなっている現存する建築物の修理や再建築などの為にも宮大工の役割は必要になります。修行する時間が通常の大工より長く若者になり手が少なくなっているのも実情です。また宮大工になるためにはスキルも必要になります。

センスと忍耐力が必用

宮大工に必要なスキルはまず忍耐力です。下積み時代でも10年はかかります。その間自分で技術を先輩から盗みながらひたすら修行に励みます。そして下積みの間は掃除や刃物とぎ、材料の運搬などの雑用がほとんどです。その期間を乗り越える忍耐力が必要になります。また宮大工はすべて手作りです。最近の建築では木材は工場でカットされた状態で運ばれます。現場では組み立てるだけの作業になりますが、宮大工の場合には、これを現場で切断から加工まですべて行います。その作業も夏暑い日や冬の寒い日にも屋外で行います。そしてセンスです。伝統建築には曲線を上手に使っています。このセンスは修行だけでは身に付きません。センスが必要になるのです。